45年ぶりに行ってきました!

img_0837img_0838

 

長浜大手門通り商店街の視察旅行で大阪のエキスポシティーに行ってきました。

太陽の塔との45年ぶりの再会です。

今回、太陽の塔には裏の顔があることを初めて知りました。

「黒い太陽の顔」といい、何だか不気味です。

まるで表の顔が45年前の経済的に活気がある日本で、裏の顔が災害を含め

現在の日本を象徴しているように思えてなりません。

会期中は地下にも「地下の太陽の顔」があったそうです。

万博の時(当時6歳)に真下からこの塔を見たくて勝手に行ってしまい、母が

余分な入場料を払うことになり怒っていましたが、今回もこの写真を撮る

為だけに入場料250円払いました。

歴史は繰り返されるということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です