朝焼けの点滴

S状結腸穿孔という病気で、10日間入院していました。

当初3週間といわれていたのですが、胡麻パワーと病床不足で

半分くらいで退院してきました。

東病棟でしたので、きれいな朝日を見ることができます。

点滴のしずくを見つめながら、世の中が動き出す気配を感じていました。

何せこの時期の入院ですので、多くの忘年会をキャンセルし、関係者の皆さんに

迷惑をお掛けしました。改めてお詫び申し上げます。

そして、入院中頑張ってくれた従業員さん、家族、先生と看護師さんに心より

お礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です