長浜曳山祭2018 その2

千秋楽終了後、7歳の男の子が演じる侍女白梅との写真です。

思わず家に連れて帰りたくなってしまいます。

私がお世話になっている壽山の外題は「似合夫婦出世絏」

山内一豊と千代の物語で、一生懸命働く夫とそれを支える妻の

健気な話でした。

若き秀吉:木下藤吉郎も登場し、舞台は大いに盛上りました。

体は少々疲れましたが、4百年以上脈々と続く曳山文化の街に

改めて感謝しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です